彼氏と同棲してイライラした5つのこと

彼氏と同棲してしばらくたって、見えてくるのが一緒に住むまではわからなかった彼氏のダメなところ。
小さなことも積み重なれば大きなストレスになっていきます。
彼氏との同棲でイライラしてしまう「それ、あるある!」を集めてみました。

 

 

イライラその1 料理ができないくせにグルメを気取ってダメ出しをしてくる

いくら男性が料理するようになったとはいえ、同棲となれば料理担当を彼女がすることになりがち。
ここでよくあるのが、彼氏がえらそうに「これは味がうすい」「これはダシをもっととるべき」といった偉そうなダメ出しからの小さな言い合いです。

 

男性の多くはウンチクを語るのが好きなもの。
ただしグルメを気取って「これはこうで…」といった知識は持っているくせに、作るとなるとからっきしなことが多いのです。
わからないくせに文句をつけてこられると腹が立ってしまいます。

 

たとえるなら、高速道路を運転しているときに「今の車線変更のタイミングはちょっと遅かった」、夜で神経をとがらせて運転しているときに「よく確認しないと、ほら後ろから自転車」というように助手席からグチグチ言われるようなもの。
イライラしてしまうのも、いたしかたなし!です。

 

これとは逆に、当たり前の顔をして料理を食べて「おいしい」も「いただきます」も言わない彼氏にもイライラしてしまいますよね。
彼らは、彼女が料理を作るのが当然だと思っているのかもしれません。

 

イライラその2 散らかすくせに片付けない

散らかす癖に片付けない、というところには、綺麗好きな女性はイライラしてしまいます。
「片付けてよ」と言ったら、途端に不機嫌になって「今からやるよ」なんて言い返された経験、ないでしょうか。
二人で住んでいるのですから、お互いにとって住みやすい場所にしておきたいのに、どうにもわかっていない様子。

 

言い方に棘があるからカチンときた…なんて理由があるのかもしれませんが、そんなのは子どもじみています。
まるで宿題をやろうといわれたから不機嫌になってしまう思春期の学生のようなメカニズムだといえます。

 

 

イライラその3 家事を2人で分担したのに守らない

同棲をするとなったときに、今までひとりで行ってきたことも2人で分担できます。
あらかじめ2人で家事の分担を決めたのに、彼氏がだんだんサボるようになってしまった……。
そうして、いつのまにか自分がすべてやらないといけないことに……。
そうなると、今までひとり分で済ませられたことも2人分の負担がかかってきてしまう、ということにもなります。

 

洗濯物も2倍、散らかる物の多さも2倍、料理の量も2倍。
そうなってみると、平気な顔をして負担を押しつけてくる彼氏に対してのイライラが付き合っていたときの2倍のスピードで積み重なっていくものです。

 

 

イライラその4 家賃は折半なのにどこか偉そうな顔をしている

家賃を折半にすれば、今までよりもちょっと広い部屋に住むことができます。
そんなことを考えて、二人で家賃を折半しているカップルも多いでしょうが、ここで問題になってくるのが、部屋に友だちを招いたりする際の気づかいです。
彼氏は友だちを呼ぶくせに、いざ彼女が自分の友だちを呼ぼうとすると、嫌な顔をして「俺はどこにいればいい?」なんて聞いてくる男性もいます。

 

家賃は折半だから権利は平等にあるはずなのに、どうしてか彼氏は彼女よりも優位に立っていると勘違いしがち。
ここで「家賃は折半じゃん」なんて言ったら、ますます彼は男性としてのコンプレックスを刺激されて不機嫌になってしまうことでしょう。
付き合って居たら気にしなくていい問題も、こうして同棲してみると問題になってくるものです。

 

 

イライラその5 独占欲や理想が強くて、帰宅時間や服装にまで口出しをしてくる

お前はわたしの母親か父親か?!とキレたくなってしまうのが、このイライラ原因のひとつである「過干渉」です。
付き合っているとはいえ、仕事や遊びでの帰宅時間までくどくどと文句をいわれたらウンザリしてしまいますよね。
そのくせ自分の帰宅時間が遅くなっても「しかたがない」「俺は男だから」と聞く耳をもたないのが、このイライラをますます強めます。

 

また普段の生活ではリラックスした服装や状態でいたいのに「普段からメイクをしてほしい」「スウェットはやめて」などの理想を押しつけられると、せっかくの休みなのにとイライラしてしまいます。
付き合っている以前に、大人の女性であるなら意思も行動も自由であるべきです。
過剰な独占欲や理想を「常識」や「世間」、「女としてこうあるべき」といったことばで言いわけして、不自由をしいてくる彼氏にはイライラしてしまいます。

 

 

同棲をするメリットには、彼氏の見ることのできなかったいろんな姿を見ることができること。
とはいえ、幻滅したりイライラしてしまうこともしばしば。
同棲をしているから、しばらく顔をあわせないで冷静になってから…という解決もききません。
イライラがつのったときの解消方法を調べて、なんとかうまくやっていきたいものです。